ゲーム攻略ブログ

PSVやPSPなどゲーム攻略について記載した情報ブログ

スターウォーズバトルフロント

最近スターウォーズの映画などを眺めて、たまに遊びたくなってくるといえば、 スターウォーズバトルフロントです。 基本的にはシューティングゲームなんですが、画面のカメラワークを TPSとFPSに自由に切り替え可能な点はありがたいですね!

こういったカメラ切り替えは、いろんなシューティングゲームだったり、 FPSはTPSに対応していないゲームに対してやるべきだと常々感じたりするものです。 とくに海外なんかは、どこがそんなにFPSがいいのか?と疑問に感じてしまうほど、 近年はFPSのゲームばかり流行っている印象がしますね。

TPSだと操作しているキャラクターが見えるので、コスチュームを変更してみたり、 またジャンプしたりとアクションをしている動作が見えるのがメリットとなります。 画面が小さくてエイムしづらいといった問題はとくに感じませんが、 FPSだと足元が観えなかったり、3D酔いをするといったデメリットがあるので、 なにかとFPSに対しては良い面を持たないところがあります。

 

 

それでスターウォーズバトルフロントでは両方切り替えが可能という点は非常に大きい。 だって人を選ばずにシューティングゲームが楽しめる訳ですからね。 ストームトルーパーを動く様を見て楽しんだり、ズームでエイムしたいと思えば FPSに切り替えたりと豊富な機能はありがたいものです。

で、久々にスターウォーズバトルフロントを攻略して思うことは、 難易度をハードモードにしただけでもかなり難易度の高いゲームになりますね・・・ マスター級だとどうやって攻略するのやら?と思うところもあり、 シューティングゲームの中ではこれが結構難しかったりするものです。

スターカードが決め手だなと思うバトル展開って多くないですか。 ジェットパックは外せないし、手榴弾を投げて強敵の雑魚やAT-ATを倒してみたりと、 難易度が高いとブラスターがあまり役に立たないほど威力が低いのが少し気になります。 でも初心者向けのシューティングゲームといえますね。

他に簡単なやつがあるのか?といえば実際にないので、 スターウォーズ好きならそこそこ楽しめるのかなと。 でもオフラインではまったくオススメできないところがあり、 ほとんどオンライン専用ゲームといっても過言じゃないかと。

そのくらいオンライン環境に沿ったコンテンツとなっているので、 そこだけは注意で購入した方がいい。 チュートリアル、サバイバル、その他ドロイド・ラン、ヒーローハント、ドロップゾーン等など、 いろんなルールがありますが、どれも似たり寄ったりのルールばかりなのも残念だ。 まぁデスマッチ系のルールくらいなら対戦がスムーズにマッチングされやすいかなと。