ゲーム攻略ブログ

PS4やニンテンドースイッチを攻略した内容や、ゲームの最新情報などをブログでまとめてます。1日1回はゲームを完全攻略したい!

Days Gone(デイズゴーン)-フリーカーの大群が襲い掛かる

デイズゴーンの画像

Days Gone(デイズゴーン)はSIEの子会社のベンドスタジオが制作した、 オープンワールドゲームです。PS4専用ソフトとして発売されて、 ジャンルはサバイバルアクションで発売されました。 6時間分のシネマティックシーンがふくまれているので、結構長いです。

デイズゴーンの主人公はデイズゴーン。ドリフターバイクにまたがり、 世界の終わりを相棒のブーザーと一緒に旅しているような感じの人物です。 元軍人なので銃を使ったり、ブーツナイフで攻撃したりと多彩な動きを見せるが、 妻のサラを亡くしてからは、心を失くしてなんとなく賞金稼ぎとして生きる生活を送ってる。

days gone・デイズゴーン攻略

Days Goneの世界観といえば、人々や動物たちがゾンビのような姿に成り果て、 ウイルスによりおかしくなった外見をしている。それらをパンデミックと呼んでいるが、 NEROの実験だかなんだかでウイルスが拡散されて、世界的にライフラインなども途絶え、 あらゆる動物がゾンビ化してしまった状況で、地球規模で壊滅しているような感じだとか。

ですので、食料だったり、生活には欠かせない物資といったものがすごく不足しており、 現在生き残っている人々は困難な状況でキャンプなどで寄せ集まっているような状況。 または野盗になって略奪したり、リッパーという切り裂く者といったおかしなカルト集団が いるような世界観で、正常な生き方とは言い難い、廃れて汚れた世界観だといえる。

続きを読む

レッドデッドリデンプション2の攻略評価レビュー

レッドデッドリデンプション2といえばロックスターゲームスが送る最新ゲームソフトだが、 現在ではどのくらい世界で売れたのだろう。3日で7億2500万ドル(約813億円)も売り上げたというから 未だかつてないほどの売り上げかと思いきや、最も売れたのは同社のGTA5というから驚きだ。 いろんな部分で恵まれた会社なんだろうか?

レッドデッドリデンプション2といえば、開発チームは、Rockstar Gamesが持つ複数の子会社を集め、 開発チームを統合して共同制作した『Rockstar Studios』によるもの。 その大規模な開発は2010年から開始して約8年間にも及ぶ。開発のために約2000人のスタッフを雇った。 TPSのオープンワールド・アクションアドベンチャーゲームです。

レッドデッドリデンプション2 攻略

 

西部劇といえば、ガンマンが荒野を彷徨い歩いて撃ちあいをしていたイメージなどがありますが、 RDR2では馬に乗って荒野を旅しつつ、ダッチギャングという一つのギャング組織の中で起こった、 一つの悲劇の物語といえよう。主人公のアーサーという新しい主人公を迎え、 ダッチギャングの行く末を魅力的に描いた作品でもあるのが今作でした。

オープンワールドなんですが、リアルといえばAAAタイトルでは結構存在するかと思います。 とはいえあれだけの広さで描写しているゲームとなるとあまりないですね。 また広いだけのフィールドがあるだけでスカスカというゲームも少なくはない。 レッドデッドリデンプション2では、ランダムで発生するサブイベント的なものが起こったり、 基本的なストーリーミッションとは別にありました。なので、結構密度が濃いような気もする。

 

続きを読む

SEKIRO(セキロ)

E3 2018のXbox E3 2018 BriefingでSEKIROが発表される

アメリカで開催されたE3 2018。2018年6月11日5時(日本時間)よりライブ配信にて、『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』が初公開されました。メーカーは、フロムソフトウェアとアクティビジョンと記載されている。2019年に発売を予定しているとは急な話だが、最近は発売日が延期するゲームも多い。

 

初見の印象は、「仁王みたいなゲーム」といった感じかな。ゲーム開発会社では、最近また戦国物が流行ってるのだろうか?主人公ぽい忍びが、重たい扉を両手で開くシーンから察すると、ソウルシリーズやブラッドボーンを制作したスタッフが開発してそうだな。

 

巨大な白蛇が… やっぱダークソウルシリーズ風だね

たぶんボスキャラだと思うけど、吊り橋を渡るシーンで巨大な白蛇に襲われるシーンとか胸熱だw 巨大な敵にはロマンがある。仁王みたく妖怪系エネミーも登場するんだと思う。

 

忍びの左腕だけ亡者のような腕をしている。よく見るとロープが巻かれてるので、高い所へ登る仕掛けがコレなんだろう。傘を盾代わり?にしている映像もあるので、何かしらオプションでバリエーションが豊富に存在してそうだ。

 

続きを読む

レッドデッドリデンプション2の狩猟や魚釣り

レッドデッドリデンプション2の狩猟では野生動物は鳥、鹿、クマ、ウサギ、馬以外にも鹿、ワニ、蛇、熊などさまざまな野生動物がいる。ダッチギャングのキャンプに食べ物を供給することも大事だけれども、缶詰食品だけではギャングの全員を養えるほど量は多くないので、狩猟を行って肉を供給することになる。

狩人としてのアーサーは馬に乗って探索できる。鹿の群れを発見したら、静かに馬を降り、弓矢を手に狩りができます。フィールドには鳥などもいれば、川には魚なども泳いでいるので、食料に関してはあまり困ることは無し。

メインミッションで狩りのチュートリアルは用意されているが、身を屈めたアーサーは、長く高い草の中を進み、鹿がいる場所までステルスに移動を開始することになる。鹿が身に迫り、気付かれないようにアーサーは近くまで行き弓を引く。口笛を吹いて鹿の注意をそらしてから発射することで、狙いやすくもなったりしますが、やらなくてもいいです。

 

仕留めた野生動物は、時間と共に腐敗していく仕様です。小さな獲物であれば、それを包んでバッグに入れれば腐敗を遅らせることもできるけれども、鹿のような少し体格が大きい動物になると、温度により腐敗が進んで行くのだ。できるだけ早く獲物をキャンプにいるピアソン、もしくは町にある肉屋へ届けることを心がけること。

肉屋では肉の状態が良いほど、得られる利益も高くなる。銃撃で穴だらけになっている動物よりは、ヘッドショットできれいに仕留めた獲物の方が高く売れます。

続きを読む

ようやく来週はレッドデッドリデンプション2の発売日だな

レッドデッドリデンプション2の制作風景が凄い!

f:id:wikidspspwii:20181017232516j:plain

最近は秋なのに、季節外れの桜が日本では咲いたそうです。 ふむぅ、ようやく来週はロックスターゲームス開発のレッドデッドリデンプション2ですね! 桜のように季節外れで、咲くほど日本では売れるかイマイチですが、 海外ではAAAタイトルに連なるような今作の出来に期待できそうだ。

ここ最近はいろいろとレッドデッドリデンプション2の情報が上がってきてますが、 まず気になったのはRDR2の開発者Dan Houser氏のインタビューですかね。 オープンワールドとなると多忙になりがちなので、長時間労働は当たり前になるそうで、 脚本数は2000ページで、モーションキャプチャーの撮影は2200日間かかったのだとか。

さらに完成したアニメーションは30万、50万行の収録とか行ったそうで、 「そこまでやるか!?」というか、ディスクによく制作データが収まったもんだと思うところもある。 テレビCMは70種類ほどあるそうだから、そろそろアメリカの方では頻繁に放送されてたりするんだろうか? 日本ではとくに見たことがないので、日本語版CMとかも用意されてそうですね。

ストーリーボリュームは60時間くらいだから、ストーリーミッションだけでそれならかなりの骨太だな。 サブミッションと合わせると一体どのくらいのプレイ時間になるんだろう!? いろいろと俳優の採用には気を使っているんだなと思うところもあり、 削除されたミッションなんかを見ると、思うように作れもしない時期もあったのだろう。

続きを読む

龍が如くオンラインってどんなゲーム? いつ配信?

龍が如くオンライン

龍が如くオンラインについて

去年から新・龍が如くプロジェクトというものを、セガの龍が如くスタジオが行いました。 なんでも新しい主人公の春日一番を迎え、新しい新シリーズがスタートする内容でございます。 これまでの主人公であった桐生一馬は龍が如く6で物語を終え、 そして春日一番という男がスタートするという流れであります。

龍が如くオンライン 攻略

龍が如くオンラインの配信日については、まだ発表はありません。 ただ2018年内に配信すると明言しているので、10月・11月・12月のどれかになるでしょう。

その際に家庭用ゲーム機の新・龍が如くと、スマートフォンやPC版の龍が如くオンラインを発表した。 「二つもあるのか?」といった風に感じると思いますが、 どちらも同じ主人公の春日一番であり、物語はあくまで序盤までは共通であり、 あとは各ハード毎で展開していく内容なのだとか。

となれば両方プレイしないと内容が分からないのか?といえば、そんなこともなく、 それぞれ話は独立しているので大丈夫なんだそうです。 それでスマホ版の龍が如くオンラインでは秋山駿だったり、伊達真など懐かしい面々も登場する。 すでに新シリーズといった感じでもない印象がするけど、こちらはオールスターなのだという。

続きを読む

龍が如く0

最近龍が如く0がPC版で発売されたそうで、どのくらい売り上げるのか様子を見てたが、 steamでは一週間ぐらいまで上位をキープしてた程度といったところかな。 そもそもPS4版ではしばらく発売してから経過するので、中古屋にずいぶん出回った後なので、 そこまでしてPC版を購入する層は少なかったんだと思いますが、 またPC版で遊ぼうとするユーザーもいるにはいるのかな?

龍が如く0 攻略

龍が如く0は、なんだかんだで龍が如くシリーズの原点を描いた作品なので、 ここから龍が如くを始めてみようとする方が多いかもしれない? そもそもシリーズが第六作目まで進んだので、途中から入るユーザーは少ないと思うし、 とりあえず龍が如く0からというお声もかかりやすいかもしれない。

いずれにしても桐生一馬と真島吾朗の物語なので、二人の主人公の個性の強い操作性やら、 バトルスタイルなどはシリーズで見ていくと遊びやすいゲームだったといえる。 またクリア後も満載なので、いつもの神室町と蒼天堀だけで長く遊べるタイプのゲームです。 基本無料アプリのPSVもあるので、そこまでやろうと思えばガッツリと攻略できるゲームだ。

続きを読む